白飯さえあればいい。白ごはんを食べないと食事した気にならないという話

, 雑記

f:id:dominant87:20190101142422j:plain

しれっと久々の更新です。

私は白飯*1が好きです。白飯を食べないと食事をした気にならず、欲求不満に陥ることがあります。

博多とりかわ大臣での顛末

昨年の夏休みの終わり頃、博多に住んでいる妹の部屋に一泊しました。

その時、博多とりかわ大臣という鶏皮の串焼きの店に行ったのです。店の名物の「博多とりかわ」は表面がカリカリで、噛めばジューシーな鶏の油が溢れ出てくる今までに味わったことのない美味しい料理でした。味付けも濃いめで、酒の肴にはぴったりです。

……と言いたいところですが、私はあまりお酒を飲みません。

その日もお酒を頼むことはありませんでした。

で、味の濃いものを食べているのだから、それをおかずに白飯を食べたくなるのが人情(?)ってものです。さっそく白飯を注文しようと思ってメニューを手に取った私は唖然としました。 メニューに白飯がないのです。

「なん…だと…」

と声にこそ出しませんでしたが、私が失望したのは言うまでもありません。

唯一メニューにあったご飯ものは焼きおにぎり(税別199円)。仕方がないのでそれを注文してみました。

注文後かなり待たされて出てきたのは小振りな焼きおにぎりでした。ご丁寧に少しの漬物とスープが添えられています。私はただ白飯が食べたいだけなのに……。

焼きおにぎりの味はかなり濃い目で、確かに美味しいことは美味しいんだけど、鶏皮焼きと一緒に食べるというよりかは、それ単体で酒の肴になるようなものでした。そして、足りない、圧倒的に量が足りない。

結局その夜は十分に腹を満たせずに店を去りました。その後、白飯への欲求が抑えられない私は、コンビニで巻き寿司買ったのでした。

ごはんはおかず

すいません、言い過ぎました(笑)

でもそれくらい白飯が好きなんです。焼き鳥みたいな、味が濃くておかず的なものを単体で食べるのはやっぱり物足りない。白飯がないと物足りない。ちなみに焼肉もご飯がないと物足りない。

酒飲みの人は酒と肴だけあれば満足なんでしょうか。酒をガバガバ飲んでくれた方が収益が高くなるから、小さな飲み屋では白飯を提供しないのかもしれません。私は酒を飲むときも白飯が欲しいと思うけどね。

逆にご飯のおかわりし放題の店なんかは最高ですね。私のような白飯好きのデブにはありがたい限りのサービスです。

*1:白ごはん。別に白米100%でなくても構わない。雑穀や麦なんかの混ぜものを入れたごはんも好き