常体と敬体、ブログの文体はどちらにすべきか

ブログ運営, 雑記

f:id:dominant87:20181117212015j:plain

常体と敬体と聞いてピンと来るだろうか。中学校の国語の授業で習ったことかと思うが、忘れている方もいるのではないだろうか。

常体と敬体というのは文体の種類のことだ。常体は「〜だ・〜である」調の文体で、敬体は「~です・~ます」調の文体のことである。 

今まで書くときに特に意識して来なかったが、読み返してみると私のブログの記事は敬体で書かれていることが多いようだ。

文体を意識しだしたのは、4日前の記事を書いている途中だった。それまでの記事とは違い、無意識に常体を用いていたため、「あれ、そういえば今常体使ってるな」と気付いたのである。

その記事以降なんとなく常体を意識して使っているのだが、ブログを書くに当たってはどちらが良いのだろうか。

……

常体と敬体と聞いてピンと来ますか? 中学校の国語の授業で習ったことかと思いますが、忘れている方もいるのではないでしょうか。

常体と敬体というのは文体の種類のことです。常体は「〜だ・〜である」調の文体で、敬体は「~です・~ます」調の文体のことです。 

今まで書くときに特に意識して来ませんでしたが、読み返してみると私のブログの記事は敬体で書かれていることが多いようです。

文体を意識しだしたのは、4日前の記事を書いている途中でした。それまでの記事とは違い、無意識に常体を用いていたので、「あれ、そういえば今常体使ってるな」と気付いたのです。

その記事以降なんとなく常体を意識して使っているのですが、ブログを書くに当たってはどちらが良いのでしょうか。 

結論

正直に率直な感想を言うと、常体の方が書きやすい。だから基本的には常体で行きたいと思う。ただ、記事の種類によっては敬体の方が丁寧さや柔らかな感じがして良いかもしれない。

したがって記事によって使い分けるという方針で行きたい。同じ記事の中で混同させるのは私にとって高等テクなのでそれは無理だ。ブログ駆け出しの私にはまだ早い気がする。今はまだ修行の時だ。