初めての海外旅行でロシア(ウラジオストク)に行った話 その1 -準備編-

2020年5月6日ウラジオストク旅行記,

夏休みに入りました。大学生の長期休暇と言えば海外旅行ですよね!(強引な展開)

実は今年(2018年)の春休みの3月に、ロシアのウラジオストクへ一人旅に行ってきました。今回はその旅行記です。書こう書こうと思っていながら半年の時間が経ってしまったのですが、思い出しながら書いてみようと思います。ぶっちゃけもう忘れた

初めての海外旅行、行き先はどこにするか

皆さんは初めて海外に行ったのは何歳のことですか? あるいは未経験ですか?

私は今年で28歳になったのですが、今まで海外に行った経験がありませんでした。高校の修学旅行の行き先はニュージーランドでしたが、当時不登校気味だったこともあって参加せず。

その後も海外とは縁遠い私でしたが、昨年パスポートを取得しました。理由は某北の国からミサイルが飛んでくるような事態になった時に国外逃亡出来るように。というのは半分冗談ですが。

なにはともあれ、パスポートを取ったからには海外旅行したくなるのが人情ってものです。初めての海外なのでとりあえず近場に行ってみよう、でも日本人があまり行かないような所に行ってみたい。なんてことを考えながらGoogle Mapを開いた私の目に飛び込んできた文字列は……

日本海北部周辺の地図

ロシアのウラジオストクである。

近くて遠い国、ロシア

そう、忘れられがちだがロシアは日本の隣国である。成田からウラジオストクへは直行便も出ていて沖縄に行くより近い。

というわけで後期末の試験が迫る1月下旬、現実逃避も兼ねてエクスペディアを開いて世界各地への航行券を検索していた私は、ウラジオストクへの飛行機を探してみました。すると3泊4日のホテル代と往復の航空券を併せて5万円未満で行けることが分かったので、初めての海外旅行にはこのくらいが丁度良い気がして思い切って予約しました。

旅行の準備

ビザ

ちなみに日本人がロシアに観光に行くにはビザが必要です。と言ってもウラジオストクを含むロシア沿海地方のビザ取得は簡単で、ロシア当局のWebページから申し込んで、送られて来るメールに添付されているPDFのビザをプリントアウトして旅に持参すればOKです。手数料などの費用はかかりません。詳しい説明は割愛しますが、興味のある人は「ウラジオストク ビザ」でググレカs検索してみてください。

防寒対策

ロシアは寒いイメージがありますよね。上の地図をみてもらえば分かるように、ウラジオストクは大体札幌と同じぐらいの緯度です。でも出発前に何日間か天気予報を比較して、札幌よりも気温が低いことがほとんどだということが分かりました。3月上旬とはいえ最高気温が氷点下なのは当たり前です。そこで防寒対策は入念にしようと思い、某ユニクロで某ヒートテックを買い込んだのです。

結果的に、このヒートテックはほとんど使いませんでした。というのも、確かにロシアは寒かったのですが、セントラルヒーティングってやつなのか、屋内に入るとかなり暖かいのです。というか暑いくらいで、私はホテルの室内では上はTシャツ1枚で過ごしました。もともと暑がりな体質なので、室内の暑さを考えれば外ではやや寒いくらいの服装が丁度良かったです。

さて、そんな風に(一部役に立たない)旅の準備を整え、やや緊張しながら成田空港に向かったのでした。

その2に続く